スキューバダイビング、久しぶりの方はこちら

ダイビングにかかる費用、相場など

ダイビングにかかる費用についてまとめています。ライセンス取得料金の相場や、ダイビング用品の相場などを紹介しています。器材は最初からすべて購入する必要は有りませんが、衛生面や快適性、安全性のためにも必要なものから少しずつ購入していきましょう。

ライセンス取得費用相場

ライセンス取得費用はお店によって本当に様々です。同じダイビングのライセンスでも、2万円を切る値段から10万円以上かかる場合など、お店によって価格設定が違います。基本的には、どこのお店もコースの内容にそれ程大きな違いは有りません。

レンタルなどの費用を含めて、概ね7万円~8万円前後が相場だと思います。10万円以上かかるお店も少なからずあります。個人でやっているお店や、都市部にあるお店は高い傾向にあるようです。

2万円~3万円とかで取得できるコースを設定している場合、ほぼその値段で取得できるお店は有りません。ダイビング業界では良く問題にされていますが、最初は安く取得できるように見えて、実際には途中でいろいろ理由をつけて高額な器材を購入させられる場合がほとんどです。キャッチセールスなどで「無料でダイビングのライセンスが取れます」と誘っているお店もあります。

いずれにしても、高いから良いというものでは有りませんし、必ずしも安いから悪いというものでもありません。ただ、相場より極端に安いのは必ず何かあります。10万円以上も出して習うより、その分ライセンス取得後に早めにダイビングツアーなどに参加して海での経験を積む方が良いかもしれません。

大切なのは、ライセンスを取得することではなく、そのあとも継続してダイビングを続けて、海中の環境に慣れることです。どんなに講習でしっかり習っても、そのあとのダイビングが半年や一年も空いてしまっては、多くの事を忘れてしまい、講習の意味が無くなってしまいます。値段だけで判断するよりも、続けられるお店かどうかで判断する方が良いです。

また、ダイビングを続けていくにはダイビングの器材も少しずつでも買い揃えていくことをお勧めしますが、この器材の販売価格も様々です。ダイビングショップは定価で販売しているお店が多いですし、中には定価以上の値段で販売しているお店もあります。お店任せだと知らず知らずのうちに高額な買い物をしている場合もありますので、ある程度は相場も把握して賢く購入してください。

ダイビング用品、器材の相場

必要な器材はたくさんあります。多分ダイビングをしたことが無い方は、ダイビングでダイブコンピュータというものを使うことはご存じないかと思います。これは現在のダイビングではかなり大事な器材です。命を守るための道具でもあります。逆に、「酸素ボンベ」を自分で所有する人はいないことも意外と知られていません。そのそも、実はダイビングでは酸素ボンベは使わないのですが・・・。

ここでは、ダイビングに必要となる主要なダイビング用品について紹介し、その相場についても紹介しています。

ダイブコンピュータ

先ほど少し触れたダイブコンピュータ。実はこれがダイビングをする上で無くてはならないものなのです。略して「ダイコン」と呼ばれます。タイプがいくつか有りますが、一番普及しているものは、見た目は少し大きめの時計です。でも、「ダイバーズウオッチ」とは全く違います。
なぜこれが必要かは、ライセンス取得講習などでダイビングについて勉強しないと理解が難しいのですが、安全にダイビングをするために必須のアイテムです。

価格の相場は3万円~10万円前後です。商品にもよりますが、人気のある時計タイプのものは6万円~9万円台で、量販店などでは定価の5%引きから15%引きくらいで売られています。

MEMO
アズーリマリノでも、同じ割引率で販売していますが、さらにダイブコンピュータの使い方や深い場所でのダイビングに役立つ講習などを無料でお付けしています。