スキューバダイビングのあれこれ

目からウロコ?のダイビングライセンスの話

ダイビングのライセンスが無いと潜ってはいけないのか?

いいえ、そんな事はありません。
漁師さんとして潜っている方の多くはダイビングのライセンスを持っていません。
作業でダイビングをする人も、所謂ダイビングのライセンスを持っていなくても潜っています。
消防のレスキュー隊の人が海中を捜索しているシーンもニュースで見かけますが、彼らも必ずしもライセンスを持っている訳では有りません。

実は、ダイビングのライセンスは私的な団体が教材などを提供してライセンスを発行しているだけで、公的な資格では無いのです。
ですから、ライセンスを持っていないと潜ってはいけないという決まり(法律)は、少なくとも日本においては有りません。

自分でタンク(シリンダー)を含む全ての器材を持って、ダイビングの施設も使わず潜るなら、それで潜っても何も問題は無いはずのものなのです。

しかし、現実的にはやはりライセンスが無いと潜れないことになります。
地方は別として、首都圏から近い海域では、通常は決まった場所でしかダイビングをしません。
いわゆる”ダイビングポイント”として開放されている場所以外ではダイビングは出来ません。それはライセンスを持っている持っていないに関わらずです。

そして、ダイビングポイントで潜る場合にはライセンスが無いと潜らせてもらえない場合が多いです。

友達がライセンスを持っていれば潜れる?

例えば友達がダイビングのライセンスを持っていて、その人に連れて行ってもらって潜る場合はどうでしょう?
この場合、場所によっては問題なく潜れます。そこのダイビングポイントで、そういう潜り方を受けているかどうかの違いだけです。
法律上も何の問題も有りません。
(事故が起きた場合の責任問題は別です)
あるいはお父さんがダイビングのライセンスを持っていて、ライセンスを持っていない子供にダイビングをさせるとどうなるのでしょうか?
これも、法律上は何も問題有りません。
そこのダイビングポイントで受け付けてくれれば普通にダイビングができます。

無免許のインストラクターに教えてもらったらどうなるのか?

これも問題有りません。
(詐称なら問題です)
そもそも、実はインストラクターの免許そのものが有りません。
一般のダイバーの方が取得したオープンウォータダイバーのライセンスの延長線上にインストラクターのライセンスが有るだけで、これも法律上は何の効力も有りません。
無免許で車を運転すると違反になりますが、そもそもダイビングの世界に免許と言うものが無いので、違反も有りません。
ですから、「以前インストラクター資格を持っていた」という人に習っても、何も問題は有りません。
ただし、ライセンスを発行してもらうことはできません。ライセンスを申請できるのは、現役として登録されているインストラクターだけです。
もちろん、ダイビングショップのスタッフがインストラクター資格を持っていないのに講習を行ったら、それは別に問題となる可能性は有ります。

ダイビングのライセンスはどういうもの?

ダイビングのライセンスは、正確にはCカードと言います。Certificationの頭文字のCを取ってCカードと言います。
講習を修了したという証明になるものです。
普通は世界中どこへ行ってもダイビングポイントで潜ることになりますし、その際に施設やボート、レンタル器材を使ったりしますが、このCカードを持っていないと施設を使わせてもらえなかったり、ガイド付きの水中ツアーに参加することが出来ないのが普通です。

※ここで言うダイビングのライセンスとは、各指導団体が発行しているCカードを指しています。

ピックアップ記事

  1. TUSAのダイブコンピュータ DCソーラー IQ1203&1Q1204…
  2. TUSA DCソーラーLINK限定色

関連記事

  1. スキューバダイビングのあれこれ

    当店の安全管理に対する考え方

    当店では、これまで一度もダイビング事故を起こしていません。事故…

  2. スキューバダイビングのあれこれ

    「ライセンスを取ること」が目的では有りません

    ダイビングができる技術を習得することが目的ダイビングのライセンスを…

  3. スキューバダイビングのあれこれ

    ダイビングのライセンスについて

    日本のダイビングスタイル日本のダイビングスタイルは欧米のスタイルと…

  1. 海について

    超深海層
  2. 窒素

    窒素
  3. メーカー

    TUSA
  4. ダイビング用品

    ストラップ
  5. 海について

    深海
PAGE TOP