講習について

アドベンチャーダイビングについて

【どのアドベンチャーダイビングから挑戦すれば良いですか?】

お客様のダイビング経験やスキルによっても変わりますが、基本的には興味のある物や必要性のあるものから挑戦しましょう。例えば、ボートダイビングをしてみたい方や、ボートダイビングをする予定が有る方はボートダイビング講習にチャレンジしてください。

 

【アドベンチャーダイビング講習は難しいですか?】

アドベンチャーダイビング講習の多くは、オープンウォーターダイバーの講習のように多くの時間をスキル練習や勉強に費やすものではありません。もちろん、スキル練習や勉強が無いわけでは有りませんが、ダイビングの楽しみを広げるための練習や勉強が主なので、楽しんで受講して頂けると思います。また、一つ一つのスキルをじっくり学ぶと言う内容になりますので、しっかりとしたスキルや知識をつけることができます。

 

【アドベンチャーダイビングに挑戦するための条件は?】

オープンウォーターダイバーコースを修了していれば挑戦できます。今お持ちのオープンウォーターダイバーのカードがPADIでなくても受講できます。修了すればPADIのカードが発行されます。

 

【危険ですか?】

内容によっては多少の危険を伴うものもあります。初心者の方は危険性の少ないコースから受講されることをお勧めします。魚の見分け方や浮力のコントロール、ナチュラリストなどがお勧めです。少し慣れてきたら、ボートダイビングやナイトダイビングにも挑戦してみましょう!

 

【年齢制限はありますか?】

オープンウォーターダイバーコースを修了しれいれば年齢制限は有りません。ジュニアオープンウォータの方は、内容によって年齢制限のあるものも有ります。

 

【スペシャルティのダイビングライセンスカードの種類にはどんなものが有りますか?】

スペシャルティコースには、そのコースでしか取得できないカードのデザインなども有ります。ウミガメやクマノミなど特定の生物の生態について勉強や観察などを行うウミガメスペシャルティやクマノミスペシャルティなどはその生物のデザインのカードになっています。

 

 

ピックアップ記事

  1. ダイビングの安全
  2. 当店の安全管理に対する考え方
  3. オーバーウェイト、適正ウェイト
  4. 伊豆のダイビングポイント ネーミングプロジェクト

関連記事

  1. 伊豆ダイビングツアー

    持ち物について

    ダイビングの際の持ち物はこちらをご参考にしてください。講習、伊豆ツ…

  2. 申込方法

    申込方法

    【ダイビングツアーにはどのように申し込みをすれば良いですか?】…

  3. 講習について

    海洋実習やダイビングツアー(ファンダイビング)での一日の流れ

    ダイビングライセンス取得講習の海洋実習、ライセンス保持者のためのファン…

  4. 伊豆の海

    伊豆ダイビングツアー

    【伊豆の海は寒いですか?】意外と寒くありません。夏場の…

  5. 講習について

    講習について

    【勉強は難しいですか?】これには個人差があります。オー…

  6. 船酔い

    その他

    【ダイビング後に気を付けることはありますか?】ダイビン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  1. スキューバダイビングのあれこれ

    ダイビングの安全
  2. ダイビング用語集

    オーバーウェイト、適正ウェイト
  3. スキューバダイビングのあれこれ

    伊豆のダイビングポイント ネーミングプロジェクト
  4. スキューバダイビングのあれこれ

    当店の安全管理に対する考え方
PAGE TOP