伊豆ダイビングツアー

本当の伊豆をご案内

実はあまり知られていない伊豆の海

「伊豆にはあまり魚がいない?」とか「伊豆には地味な魚しかいない?」。ダイバーの中には、そんなイメージを持たれている方もチラホラ。でも、実はダイバーの多くが本当に素晴らしい伊豆の海を見ていません。伊豆には、この写真にあるような美しい魚が乱舞し、色とりどりのサンゴのある場所があります。
伊豆でダイビングのライセンスを取る時には、こう言う場所では実習をしません。なぜなら、海洋実習ができるような場所は岸から近く、浅い場所に限られるからです。これは伊豆に限らず、どこへ行ってもほぼ同じです。
しかし、この写真のような場所はボートで沖合いに出ることで簡単にみることができます。ダイビングのライセンス講習には不適なのと、またライセンスを取ったばかりの方にも少し難しい場所になります。だから、ライセンス講習や、初心者のうちに伊豆のビーチだけしか潜ったことの無い方だと、なかなかこういう景色を見る機会も無いのです。

しっかりとした技術が身についていれば誰でもいけます

当店のツアーでボートに乗って沖合に出ると、こんな綺麗な景色を見ることができますが、そこが必ずしも初心者の方に難しい場所かと言うと、そんなことは決してありません。技術習得レベルにもよりますが、お客様によってはライセンスを取ってすぐにでも行けるような場所です。大切なのは、ライセンスのレベルでもなく、経験本数でもなく、お客様自身に身についているスキルです。特に初心者の方は、オープンウォータダイバーのライセンスコースできちんとスキルをマスターしているかどうか、また、きちんとした講習を受けているかどうかが大事になってきます。

マニアも通う伊豆の海

マニアにはボートよりビーチが人気

長くダイビングを続けていると、カメラにも挑戦したり、また生物にも自分なりの好みやこだわりがでてきます。どんどんマニアックな世界に入っていく方もたくさんいらっしゃいます。そんなマニアが好むのが、実はボートよりもビーチ(浜から入る)ダイビング。
マニアの好む生物は、ボートよりビーチの方が多い傾向にあります。ボートでのダイビングは、大きな魚がいて、地形、群れの多さ、魚の種類の多さ、サンゴの豊富さから、華やかなダイビングのイメージ。それに対し、ビーチダイビングでは、じっくり生物を観察したり写真を撮ったりするのが一般的な楽しみ方です。

伊豆の海の楽しみ方

130か所以上のポイント

伊豆の海には、約130か所のダイビングポイントがあります。アズールマリノの伊豆ダイビングツアーでは、ほぼ全てのポイントに行くことができます。これだけのポイントを網羅しているダイビングショップはそう多くありません。
ただし、伊豆にたくさんのポイントが有るとはいえ、実際には余り行かないポイントもたくさんあります。何故なら、場所によっては魚などの生物が極端に少なかったりするからです。同じ伊豆の海でも、水中の生物の多さや景色は場所によってかなり違いがあります。
ボートで沖に行くとダイナミックで魚も多いポイントなのに、そのすぐそばのビーチのポイントは生物が少なく閑散としているような場所もあります。また、時期によっても見どころが違ってきます。 アズールマリノの店長は、20年以上にわたり伊豆の各ポイントに潜ってきました。ツアーでは、その中から季節や生物などを考えて、お勧めのポイントにご案内しています。

コンディションも違います

安全に、そして快適にダイビングをする上で、透明度や水温も大事なポイントになります。この透明度や水温は、場所によって大きく違うことが良くあります。いつもどこが良くて、いつもどこが悪いということではなく、その時の風向きや潮の流れ方によって変わってきます。

アズールマリノだからできるツアー

アズールマリノの伊豆ダイビングツアーでは、ご参加頂いているお客様の好みやレベル、海のコンディション、見られる生物など、様々なことを考慮しながら、その時一番お勧めのポイントへご案内しています。もちろん、「ここへ行きたい!」と言うお客様のリクエストには優先してお応えします。伊豆のたくさんのポイントを網羅している当店のツアーに是非一度ご参加ください。

でも、やっぱり伊豆は遠い?

ツアーなら疲れも少なく安全です

伊豆は首都圏から近くて通いやすい場所ですが、それでも車で行くと渋滞にはまったりして大変な思いをします。特にダイビングを始めたばかりでまだ慣れていない初心者の方は、ダイビングそのものがかなり疲れることでもあり、ほとんどの方が帰りはぐったりと言うことも。
のんびり電車で行くのも良いですが、電車の便が良い場所は限られます。アズールマリノのお勧めのダイビングポイントの多くは、電車やバスを乗り継いでいかなくてはいけない場所にあります。

アズールマリノの伊豆ダイビングツアーにご参加いただくと、埼玉、神奈川、東京にある各集合場所から伊豆のダイビングポイントまではスタッフが車で送迎しています。だから疲れも残さず、しかもその時に透明度などのコンディションの良い場所に行くことができます。

伊豆ダイビングツアー 料金

伊豆まで送迎付きのダイビングツアー料金のご案内

※このページに記載している「伊豆」には、伊豆半島全域と真鶴半島が含まれます。