ダイビングライセンスの基礎知識

ダイビングの技術について

なぜしっかりとした技術を修得しなくてはいけないのか

お客様に、ダイビングを安全に楽しんでいただくためには、しっかりとした技術を身に付けることが大事だと書きました。それについては「ダイビングの事故について」をご覧ください。

それだけでなく、技術を身に付ける必要性は他にもあります。

他のダイバーに迷惑をかけないように

技術が未熟だと、他のダイバーに迷惑をかけてしまいます。初心者の方が、ベテランダイバーより未熟なのは仕方のない事ですし、それに関してはベテランダイバーが温かい目でみてあげて、フォローしてあげるくらいのダイバーになって頂けたら良いと思います。しかし、少なくともダイビングのライセンスを取得しているという事は、本来はある程度のスキルが身に付いているはず。そのスキルが身に付いていないのに、ダイバーとして他のダイバーに混ざってダイビングをするのは、お互いにとって気まずい事になるかも知れません。
そういう意味でも、ダイバーとして最低限のスキルを身に付けることは大切なことです。

水中生物を傷つけないために

ダイビングの技術が未熟だと、水中生物にダメージを与えてしまいます。その代表格がサンゴです。沖縄の有名なダイビングポイントの多くでは、もう色とりどりの綺麗なサンゴに出会える場所は少なくなってしまいました。有名なところほど、多くのダイバーが訪れ、そのたびにサンゴが破壊されていったのです。ただでさえ、温暖化による高水温や、オニヒトデによるダメージが大きいのに加えて、多くのダイバーが訪れるとあっという間にサンゴは破壊されてしまいます。実は、サンゴを壊さずに潜れるようなスキルが身に付くまでは、かなりのダイビング経験が必要です。ダイビングのライセンスを取ったばかりの方だと、サンゴを壊さずにダイビングをすることは難しい事でもあるのです。
私たちにできることは、少しでも技術を向上させて、サンゴを傷つけずにすむように努力することが大事だと思います。

難しい技術、簡単な技術

ここでは、重要なスキルや難しいスキルなどを主にご紹介しています。すべてのダイビングスキルは他のページで紹介しています。全てのスキルはこちら

器材のセッティング

ダイビングは器材に依存するスポーツなので、器材はとても重要な役割を果たします。ダイビングをするには、まずは器材をセッティングしなくてはいけません。具体的には、シリンダー(タンク、ボンベ)にジャケット(BCD)や呼吸器具(レギュレータ―)を取り付けたり、マスクのストラップを調整したりすることです。このセッティングだけでも、修得できるまでには個人差があります。器材をしっかりセッティングできていなかったり、チェックを怠ると大きなトラブルに発展する可能性もあるので、これもしっかり修得しておく必要があります。

呼吸

呼吸器(レギュレーター)からシリンダー(タンク、ボンベ)の空気を吸います。簡単なスキルのようですが、初心者の方にとって、機器からの呼吸は慣れていないため、最初は苦しく感じたり、怖く感じる方もいらっしゃいます。ほとんどの方はすぐに慣れます。

バランス・中性浮力

ほとんどの方が最初に戸惑うのが水中でのバランスで、またかなり個人差があるのもこれです。水中では、人によってはじっとしている事だけでも大変苦労します。じっとしていられず、ひっくりかえったりしてしまうのです。水中だけでなく、水面を泳ぐのもバランス能力が必要です。器材を背負っていなければ簡単に水面に浮いていられても、器材を背負っていると難しい場合があります。

また、中性浮力と言うスキルもあります。これは、水中で無重力状態になるためのスキルです。バランスとも密接に関係しています。まずはバランスがうまく保てないと中性浮力を維持することも難しくなります。

これらのスキルは、ご自身の安全のためにも、また他のダイバーに迷惑をかけたり、水中生物を傷つけないためにも大事なスキルです。バランスや中性浮力は、ダイビング活動の要になると言っても良い位大事なスキルで、これが出来ていれば初心者の方でも上級者に見られますし、どんなに経験を積んだダイバーでも、これが出来ていないと・・・

ピックアップ記事

  1. ショップによるライセンス取得日数や価格の違い

関連記事

  1. ダイビングライセンスの基礎知識

    ダイビングのライセンスについて

    日本のダイビングスタイル日本のダイビングスタイルは欧米のスタイルと…

  2. ダイビングライセンスの基礎知識

    ダイビングに関わる法律や規制について

    法的な規制はあまりないダイビングのライセンスが、国が許可した免許な…

  3. ダイビングライセンスの基礎知識

    ライセンス

    講習が終わるとカードが発行されます。一般的にはそれを「ライセンス」と呼…

  4. ダイビングライセンスの基礎知識

    アドベンチャーダイビングに挑戦するための条件は?

    オープンウォーターダイバーコースを修了していれば挑戦できます。今お持ち…

  5. ダイビングライセンスの基礎知識

    PADIなどの指導団体について

    ダイビング指導団体とは?ダイビング指導団体とは、ダイビングの教材を…

  6. ダイビングライセンスの基礎知識

    ダイビングの事故について

    ダイビングの事故はあるのか?スキューバダイビングは、本来人間が長い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 制作中

    保護中: ダイビングライフ5
  2. その他の情報

    スクーバリビュー・プログラム(リフレッシュ・コース)
  3. ダイビングショップの選び方

    ショップによるライセンス取得日数や価格の違い
  4. ダイビングショップの選び方

    ダイビングショップの選び方
  5. ライセンスの種類

    ディスティンクティブスペシャルティ
PAGE TOP