ダイビングライセンスの基礎知識

ダイビングに関わる法律や規制について

法的な規制はあまりない

ダイビングのライセンスが、国が許可した免許などとは違うものだという事はこちらで説明しました。それに関係しますが、日本ではダイビングに関わる法的な規制などもあまりありません。例えば、ダイビングのインストラクターの資格が無い人が、ダイビングを教えたり潜らせたりしても罰則などは有りません(インストラクターでないのにインストラクターだと名乗るのは別だと思いますが)。ダイビングのライセンスを持ってない人がダイビングをしても、これも法律上は問題ありません。
インストラクターが、どんな講習をしても、これも基本的に法律で決められた講習内容が有る訳では無いので違法になることも処罰されることはありません。

もちろん、ダイビングについての法律が無いというだけで、ダイビングや一般的な商業活動に関係してくる様々な法律、例えば漁業法やPL法などはあります。

実際には?

ダイビングのライセンスを持っていなくても、ダイビングをすることに罰則などはありませんが、現実的には普通にダイビングをすることは難しいです。日本の場合、どこでも好き勝手に潜って良い訳ではなく、ダイビングが出来る場所が決められていますし、そこで潜るためにはダイビングショップを利用したり、手続きなどが必要です。ライセンスが無いとショップで受け入れられませんし、施設利用などの手続きもできません。

ピックアップ記事

  1. ショップによるライセンス取得日数や価格の違い

関連記事

  1. ダイビングライセンスの基礎知識

    「ライセンスを取ること」が目的では有りません

    ダイビングができる技術を習得することが目的ダイビングのライセンスを…

  2. ダイビングライセンスの基礎知識

    ライセンス

    講習が終わるとカードが発行されます。一般的にはそれを「ライセンス」と呼…

  3. ダイビングライセンスの基礎知識

    アドベンチャーダイビングに挑戦するための条件は?

    オープンウォーターダイバーコースを修了していれば挑戦できます。今お持ち…

  4. ダイビングライセンスの基礎知識

    PADIなどの指導団体について

    ダイビング指導団体とは?ダイビング指導団体とは、ダイビングの教材を…

  5. ダイビングライセンスの基礎知識

    ダイビングの技術について

    なぜしっかりとした技術を修得しなくてはいけないのかお客様に、ダイビ…

  6. ダイビングライセンスの基礎知識

    Cカード

    オープンウォーターダイバーコースを修了すると発行されるカード。ダイバー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 制作中

    保護中: ダイビングライフ2
  2. ダイビングライセンスの基礎知識

    PADIなどの指導団体について
  3. 制作中

    保護中: ダイビングライフ1
  4. ダイビングライセンスの基礎知識

    アドベンチャーダイビングに挑戦するための条件は?
  5. ダイビングショップの選び方

    ダイビングショップの選び方
PAGE TOP