その他の情報

ライセンスカードのデザイン

ダイビングのライセンスは、最初に取れるオープンウォータダイバー(またはスクーバダイバー)に始まり、その後のステップアップ講習である、アドベンチャーダイバー、アドバンスドオープンウォータダイバー、各種スペシャルティ、レスキューダイバーなど、様々なライセンスが用意されています。

ダイビングのライセンスは、各講習を受けて修了するたびに新しくカードが届きます。前のカードを更新するのではなく、どんどん新しいカードが届いて、カードが溜まっている仕組みになっています。

その中で、実はカードのデザインにも種類があり、選ぶ事ができるのです。

カードのデザインは、大きく分けて3つの分類があります。

通常デザインのカード

特に指定をしなかった場合、通常はこちらのデザインのカードが届きます。
通常デザインのカードには青いカードと、ゴールドカードの2種類あります。ゴールドカードは5スターダイブセンターと言う限られたダイビングスクールで発行することができます。当店は5スターダイブセンターなので、ゴールドカードを発行することができます。青いカードの発行も可能です。

AWAREカード

PADIが運営している自然保護活動に、プロジェクトアウェアと言うのがあります。そこに500円以上の寄付をして頂くと、AWAREカードのデザインを選ぶ事ができます。このAWAREカードは、毎年デザインが変わりますので、スペシャルティ講習などを毎年受けることで、その年のデザインのカードを手にすることもできます。

2017年のAWAREカードはこちらのカード(クロトガリザメ)です。

ディスティンクティブスペシャルティカード

こちらは、ディスティンクティブスペシャルティを取得した方だけが手にできるデザインです。ディスティンクティブスペシャルティについて、詳しくはこちらをご覧ください

例えば、クマノミについて詳しくなるコースを受講すると、こちらのカードが届きます。

ウミガメについて詳しくなるコースを受講すると、こちらのカードが届きます。

これらのカードは、コースを開催できるインストラクターが限られているので、貴重なカードですね。当店ではどちらも取得して頂く事ができます。

以上、通常カード、AWAREカード、ディスティンクティブスペシャルティの3つの分類のカードをご紹介しました。主にこの3つが通常のダイバーの方が手にできるカードになります。

実は他にも、こんなカードデザインもあります。

その他のカードデザイン

ダイビングのプロ(ダイブマスター、インストラクター)になると、下記の黒いデザインのカードになります。ちょっとそれまでのカードと違う、かっこいいカードになりますね。これが欲しくてダイブマスターコースを受けられる方もいらっしゃいます。

再発行カード。これも実は様々なカードがあり、年によって変わります。2017年は下記のデザインになります。

再発行というのは、カードを無くしてしまったときに、新しく再発行するための手続きです。通常のカードでも再発行できますが、上記4つのカードは再発行でしか手に入りませんので貴重なカードです。もちろん、カードを無くしていなくても再発行手続きをすればこちらのデザインのカードも手に入ります。

再発行手続きは4,536円(税込)となっています。
過去にPADIのライセンスを取得した方は、どなたでもダイビングライセンスの再発行手続きができますので、他店で取得された方でも再発行希望の方はお問合せ下さい。


当サイトをお読みになる際には下記の点にご注意下さい。

※【ライセンス】と言う表記について:一般的に「ダイビングのライセンス」と呼ばれていますが、正確にはすべて【Cカード】と言います。
※当店はPADIの登録店となりますので、PADIのプログラムに沿って説明しています。他の団体では名称や仕組みなどが違う場合があります。
※PADIのプログラムの内容は変更される場合があります。

ピックアップ記事

  1. ショップによるライセンス取得日数や価格の違い

関連記事

  1. ダイビングライセンスの基礎知識

    「ライセンスを取ること」が目的では有りません

    ダイビングができる技術を習得することが目的ダイビングのライセンスを…

  2. ダイビングライセンスの基礎知識

    ダイビングのライセンスについて

    日本のダイビングスタイル日本のダイビングスタイルは欧米のスタイルと…

  3. ダイビングライセンスの基礎知識

    アドベンチャーダイビングに挑戦するための条件は?

    オープンウォーターダイバーコースを修了していれば挑戦できます。今お持ち…

  4. その他の情報

    ダイビングでの水深について

    ダイビングでは、いろんな意味で水深が大きく関わってきます。深く潜ること…

  5. その他の情報

    スクーバリビュー・プログラム(リフレッシュ・コース)

    ダイビングは継続と上達が最大の安全対策です。特に初心者の方がライセンス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. その他の情報

    スクーバリビュー・プログラム(リフレッシュ・コース)
  2. ライセンスの種類

    ディープダイビング
  3. ダイビングライセンスの基礎知識

    スペシャルティのダイビングライセンスカードの種類にはどんなものが有りますか?
  4. ダイビングライセンスの基礎知識

    ダイビングの事故について
  5. その他の情報

    ダイビングでの水深について
PAGE TOP