ライセンスの種類

ディープダイビング

オープンウォーターダイバーになると水深18mまで潜ることができるようになります。これより深く、最大40mまで潜るダイビングのことをディープダイビングと呼びます。浅いダイビングに比べ減圧症のリスクも高まりますので、しっかりと知識とスキルを身に付けることが大切です。

ピックアップ記事

  1. ショップによるライセンス取得日数や価格の違い

関連記事

  1. ライセンスの種類

    スクーバダイバー

    こちらもスキューバダイビングのライセンスのひとつです。オープンウォータ…

  2. ライセンスの種類

    ダイブマスター

    プロダイバーの第一歩。ファンダイビングのガイドをしたり、インストラクタ…

  3. ライセンスの種類

    最初に取れるライセンスの種類

    初めてダイビングのライセンスを取得する際には、2種類のライセンスから選…

  4. ライセンスの種類

    ディスティンクティブスペシャルティ

    スペシャルティのライセンスについてはご理解いただけましたでしょうか?そ…

  5. ライセンスの種類

    アドバンスド・オープンウォーターダイバー

    オープンウォーターダイバーの次に取ることのできるライセンス。ディープダ…

  6. ライセンスの種類

    エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)

    心肺蘇生法(CPR)やケガの応急手当などの技術を学びます。日常生活でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ライセンスの種類

    最初に取れるライセンスの種類
  2. ダイビングショップの選び方

    ショップによるライセンス取得日数や価格の違い
  3. ライセンスの種類

    マスタースクーバダイバー
  4. ダイビングショップの選び方

    ダイビングショップの選び方
  5. ライセンスの種類

    ディスティンクティブスペシャルティ
PAGE TOP